行政

その他

国土交通省、長期優良先導事業、戸建など32件採択、11年度は新築部門を中止

 国土交通省は、10年度第2回「長期優良住宅先導事業」として32件を採択した。  質の高い住宅をつくり長期にわたって使用するストック型社会を形成するため、先導的な取り組みを公募し、事業費の一部を補助するもの。153件の応募の中から選定した。  応募は戸建新築が大半を占めた。共同住宅の新築は3件、既存住宅の改修は20件、維持管理・流通システムは8件にとどまった。情報提供・普及は9件だった。採択は、戸 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年12月13日