その他

その他

【ニュースの背景(うら)を読む】今後の更新料のあり方、必要の有無を見直す時

 年末にも最高裁判決が出ると言われていた京都の更新料裁判だが、判決は年度末以降にずれ込むと見られている。この問題、判決によっては物件オーナーおよび管理会社にとっては非常に大きな影響があるのだが、首都圏での関心は今ひとつといったところだ。  「たとえ最高裁で更新料の存在そのものが否定されても、みなさんには全く影響ありません」─首都圏の地主およびアパートオーナーの研修会で、講師に招かれた弁護士は断言し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年12月6日