行政

その他

賃貸リフォーム、補助制度を創設

 国土交通省は、「ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業」の募集を開始した。住宅確保要配慮者の入居を条件に、既存の空き家の改修工事費用の一部を補助するもの。  戸建て、共同住宅ともに、25平方メートル以上の空き家が対象。改修工事後に賃貸住宅にすれば、従前の用途は問わない。10年間は高齢者世帯や子育て世帯などの入居を拒まないことが条件となる。  耐震改修、バリアフリー改修、省エネルギー改修の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年12月6日