不動産証券化

その他

S&P、2010年弁済CMBS、8月末残高約5200億円

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9月21日、同社が格付けを付与し2010年中に弁済期限を迎える日本のCMBS裏付けローン等の8月末時点の残高総額が約5201億円だと発表した。  同社によれば、8月には8本のローン等が弁済期日を迎えた。内訳は全額弁済が3本、デフォルト2本、期日延長が2本。もう1本はローン残高が残っているものの、裏付け物件の一部売却によって対応するCMBSが全額償還された ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日