その他

連載

実録・民事再生物語 アレックスホテルの倒産(45)、芹澤 博、交渉の果て(4)和解に向けて

■大きな前進  Fファンドによるアレックスホテルに対する訴訟提起に、鮫島の意思が働いていたことは想像に難くない。噂ではその鮫島も、リーマンショックにより大きく資産を損ない、顧客から訴訟を提起されるなど、すでに破産宣告に向けた準備が進められているようだった。  もっとも、平城も満身創痍である。ただ、他人から預かった資金で投資を行っていた鮫島とは違い、平城は自ら稼ぎ貯めた資金を元手に不動産投資を行い ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日