その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(813)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、隣接地所有者が応札競売で公正さを担保、池上駅歩2分の更地

 競売市場では、開札の直前においても任意売却により取下げになるケースが多くある。債権者が競売申立を行い、売却基準価額が出ると、債権者も最低の回収金額が把握できることもあって、より任意売却が進みやすいことがある。  9月14日開札でも、27物件も事件記録の閲覧開始後に取下げになっている。任意売却による取下げがなされやすいのは、抵当権者等が少ない物件である。競売での売却と違い、抵当権者等が全員抹消に同 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日