ハウス・住設

その他

リクシルエナジー、面積半分の太陽光パネル、屋根面積を有効活用

 住生活グループで太陽光発電などのシステム構築、販売を行うLIXIL(リクシル)エナジーは、従来の半分のサイズの「ハーフソーラーパネル」を10月1日に発売する。同社は4月から4月から住宅用太陽光発電システムを販売しており、ハーフサイズの新商品をラインアップに加えることで、バリエーションを充実する。  小さなスペースにも施工できることから、屋根面積を最大限活用できるのがメリットだ。1枚の最大出力は9 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日