その他

連載

2010年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、バブルは繰り返す、不動産投資市場を見る、金融危機後は大混乱、取引交渉は困難に、優良物件は売却が順調

 さる8月11日、4年半余り管理した賃貸アパートの売却を終えた。思えば2002年に最初の買い替えをスタートし、その後も不動産価格の上昇で買替えを繰り返し、エクイティが膨らんだ。折しも不動産バブルの真っ只中であったが、リーマン・ショック後は収益が急激に悪化し、最終的には売却処分となった。08年の金融危機から悪化を続ける商業不動産市場の現状を最近の売却事例で追った。 ●遺産相続でスタート  不動産バ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日