その他

連載

取引紛争の事例と解決(149)、(財)不動産適正取引推進機構、売主の賠償請求棄却、債務不履行・不法行為なし、売却価格の算定根拠や瑕疵担保責任の内容、媒介業者が告知せず価格が不適正と争いに、

 所有不動産を売却する媒介契約を締結しましたが、その際に、媒介業者が売却価格の算定根拠や瑕疵担保責任の内容を告知しなかったため、不適正な価格で不動産を売却して損害を負ってしまいました。媒介業者とその従業員に損害賠償を求めています。(福沢 佳久、51歳、会社員) 【苦情の内容】  福沢さんは、平成17年6月、宅建業者Yとの間で所有している土地建物の売却に関して、媒介価格を2880万円とする専任媒介契 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日