行政

その他

基準地価企業コメント、三大都市圏を中心に市場回復の動き目立つ

■三菱地所 木村惠司社長  分譲マンション市場は、政策の恩恵や価格が購入者の目線に合ってきたことなどから、首都圏の新規販売戸数、契約率とも前年比で増加している。特に都内の好立地は土地仕入れの動きが過熱しつつあるなど地価の底打ち感が出ている。ただし、3大都市圏以外のマーケット回復にはなお時間を要する。  商業地は、オフィス市況の本格的な回復には至っていないものの、空室率の上昇傾向には歯止めがかかり ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日