その他

社説

【視点】、資産デフレ脱却へ景気刺激を急げ、基準地価

 都道府県地価調査(基準地価)は、一般にわかりやすい結果だった。依然、全体の98.5%に相当する2万1457地点で下落が続いており、資産デフレの状態から抜け出せない現状を改めて印象付けた。一方で住宅需要やインフラ整備、観光需要が上昇・横ばい地点の裏付けとして浮き彫りになった。  都心部では反転の兆しも。東京・月島は交通の利便性とマンション需要の回復で横ばい、7月までの半年に限っては4.3%のプラス ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日