ハウス・住設

その他

住宅メーカー受注、増加続き本格回復へ、8月、支援施策の効果が継続、「リーマン前」に戻す会社も

 住宅メーカーの戸建て受注がいよいよ本格回復の軌道に乗ってきた。各社の受注速報によると、8月は単月の受注状況を開示している積水ハウス、大和ハウス工業、ミサワホーム、旭化成ホームズ、三井ホーム、パナホームの6社が前年同月の業績を上回った。  都市部を中心に住宅エコポイントや住宅ローン減税などの期限切れにからむ駆け込み需要の影響が大きいほか、リーマンショック以降に息を潜めていた戸建て需要が4月以降顕在 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日