分譲, ハウス・住設

1面トップ

住宅市場大手けん引、秋商戦・分譲マンション好ダッシュ、値ごろ感と資産性で勝負

 秋商戦を迎えた住宅業界─。分譲マンション市場は、東京圏を中心に販売状況は好調だ。値ごろ感に加え、諸政策に支えられて回復を果たした。大型ローン減税、贈与税非課税枠の拡大、住宅版エコポイント、1年間延長されるフラット35の金利の1%引き下げ。今後は、支援策に頼らない自律回復がマーケットの行方を占う上でのポイントだが、言うまでもなく景気回復がその鍵を握る。注文住宅市場と併せて販売の現状を探った。  首 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月27日