その他

その他

WAWO構法、溶接量減らしコスト削減、1万m2超の商業施設にも

 不動産・建設コンサルティングのミラクル・マネジメント(大阪市中央区、瀧川昇三社長)が提供している耐震鉄骨工法「WAWO(ワオ)構法」の採用が広がっている。  同構法は、01年にアークリエイト(高知県高知市)が高知大学などと産学共同研究で開発したもの。従来の溶接工法で用いる補助剤を使わず、部材接合部の肉厚を増やし、溶接仕口部分を大きくして溶接量を減らすもの。工程数を削減してコストダウンできることと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月20日