行政

その他

国交相に馬淵副大臣が昇格、岩沙弘道・(社)不動産協会理事長がコメント

 新内閣は政策の継続性に配慮しつつも、内外に山積する諸課題を解決するための力強い布陣だ。大都市の国際競争力強化や良質な住宅ストック形成など“新成長戦略”をスピード感を持って実行してほしい。国交相には馬淵澄夫副大臣が就任され、継続的に取り組んでいただけると心強く思う。不動産協会としても、国民生活の向上と日本経済の発展に寄与できるよう最大限努力したい。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月20日