団体

その他

東京圏 住宅地価は底打ち、不動産協会 岩沙弘道理事長が会見、都市活性化が経済の鍵

 不動産協会は9月16日の理事会後に岩沙弘道理事長が会見した。続投が決まった菅直人総理について、「リーダーシップを発揮し、新成長戦略で示した都市の国際競争力の強化、良質な住宅ストックの形成、住宅市場の活性化の推進」に期待を寄せた。  記者との主なやりとりは次の通り。  ─円高が及ぼす不動産業界への影響について  「いきすぎた円高は、日本企業の競争力に影響を与え、経済回復の道が開けなくなる。企業が海 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月20日