賃貸管理, その他

その他

ハ会がシンポジウム、新築賃貸の“功罪”で激論、中古再投資の障害にも、肯定派「消費者の選択肢多様に」、「税優遇時代に合わない」否定派

 深刻化する空室増、家賃滞納や原状回復をめぐるトラブル、一時金など商慣習の見直し機運─。  賃貸経営に逆風が吹き荒れる中でなおも賃貸住宅の新規着工が続くのはなぜか。業界有志でつくるハ会が13日に開いた第3回シンポジウムでは「賃貸上等w」と題して賃貸住宅のあるべき姿についてパネラーが議論。賃貸管理業者や建築家、地主と幅広い層が出席した会場からも積極的な意見が出るなど会は前回に引き続き盛況となった。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月20日