行政

その他

国交相に馬淵副大臣が昇格、建築基準法見直しに意欲

 菅改造内閣が17日発足した。民主党幹事長に決まった岡田克也外相の後任に、前原誠司国土交通相が横滑り、国土交通相には馬淵澄夫国土交通副大臣が昇格した。  馬淵氏は、耐震偽装問題で委員会、証人喚問など民主党を代表して追及。野党時代から07年改正の建築基準法を問題視してきた。昨年の副大臣就任後も、再改正による住宅市場活性化に言及。マンションの再生や、都市構造の集約化などにも意欲を示してきた。  馬淵澄 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月20日