開発

その他

三井不動産上野駅前にホテル開業、外国人需要に期待、中国人ターゲット80%以上稼働目指す

 三井不動産グループが東京・上野駅前で開発を進めていた「三井ガーデンホテル上野」(客室数245室)が9月14日にオープンした。戸部商事が保有する土地に開発したもので、土地とホテル部分を三井不動産が賃借し、三井不動産ホテルマネジメントがホテルを運営する。通年で80%以上の稼働率をめざす。1階部分はイタリアンレストランを誘致した。  規模は地上14階建て。今回のオープンで、三井ガーデンホテルチェーンは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月20日