開発

その他

Sクラスビル空室率5%に改善、CBRE調べ

 シービー・リチャードエリスが8月末時点で調べた東京23区の賃貸オフィスビル空室率は7.5%で、前月末と同じ横ばいを維持した。横ばいは2カ月連続。一方、市場競争力の高いSクラスビルの空室率は前月末より0.6ポイント低い5.0%に改善し、需給均衡の目安と言われる5%まで低下した。Sクラスに準じるAクラスビルも0.2ポイント低い5.5%に改善。空室率の低下はともに4カ月連続だった。東京のオフィス市場で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月13日