その他

その他

ミサワホームが極地研に提供、昭和基地の居住棟を展示

 東京・立川にある国立極地研究所の「南極・北極科学館」に、ミサワホームが納入した南極観測隊居住棟の実物大カットモデルを展示している。居住棟は4.3畳の個室が21室。収納棚とベッド、デスクをつくりつけ、温水床暖房とLAN配線を採用している。室内は18度程度。建物は断熱材をあらかじめ挟み込んだパネルを国内で仮組みしてから解体し、南極で極地研の観測隊員として活動する同社社員を中心に組み上げる。  同社は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月13日