ハウス・住設

その他

基礎からわかる!仲介会社のためのホームインスペクション入門(5)、日本ホームインスペクターズ協会理事長・長嶋 修、住宅診断付きで仲介差別化、求められる“建物の知識”

 「木造住宅の耐用年数は50~60年だ」「専門家なら“鉄骨の一戸建て”にいきつく」とおっしゃる業界人がいて驚愕きょうがくしました。事実誤認もはなはだしく、勉強不足といわざるを得ません。木造住宅であっても、しっかり「設計」され「図面」どおりに工事が行われ、入居後の「点検・メンテナンス」が行われていれば、最低でも100年はもちます。業界評論家といえどこの程度の認識ですから、日本の住宅業界人はこれからみ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月13日