マンション管理, ハウス・住設

その他

福永博建築研究所が開発、マンション、外配管で長寿命実現、更新容易、コスト大幅圧縮、マンション資産性、「配管」がカギ握る

 福永博建築研究所(福岡市中央区、福永博所長)は、外配管システムを活用した長寿命マンションの普及に向けて本格的に動き出す。「300年住宅型.外配管システム」を提案する。これまで地元九州を中心に活動してきたが、同研究所が代表を務める300年住宅コンソーシアム外配管推進部会とともに、東京市場に乗り出すことで普及促進を早めたい考えだ。  300年住宅型・外配管システムは、昨年、国土交通省から長期優良住宅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月13日