行政

その他

省エネ設備、容積不参入を明確化、国交省、自治体間のバラツキ解消

 国土交通省は、省エネルギー設備、新エネルギー設備の導入を進めるため、建築基準法上の扱いを明確化する。一定の設備を対象に、容積・高さの不算入措置があるが、その扱いを明確化する。年度内にも技術的助言のかたちで特定行政庁に周知する。運用のバラツキをなくし、省エネ投資の拡大につなげる。  建築基準法には、一定の機械室などを容積率の算定から除外する仕組みがある。従来型機器に比べ大きくなりがちなヒートポンプ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月13日