行政

その他

経済対策、都市再生など規制緩和、マンション建て替えなど推進

 政府は10日、容積率緩和による都市再生の推進や、マンション建て替えの推進、住宅エコポイント制度や優良住宅取得支援制度「フラット35S」の金利引下げ期間延長などを柱とする追加経済対策を閣議決定した。財源には、10年度予算の「経済危機対応・地域活性化予備費」の残り9182億円を充てる。100項目の規制改革で都市再生や老朽建築物の建て替えを促進するなど財政出動によらない対策を柱に据え、事業規模は9.8 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月13日