その他

連載

実録・民事再生物語 アレックスホテルの倒産(43)、芹澤 博、交渉の果て(2)和解したい事情

■Fファンド事件  Fファンド。思えば、大下が初めて平城から仕事を任されたのは、この事件に関する資料整理と答弁書作成の手伝いだった。ずいぶん前のことのように思えたが、あれからまだ半年しか経っていない。  かつて平城は、このFファンドのファンドマネージャーを務めており、その時に自らが実質的に経営する会社のリスクで神戸のブライダルホテルを建設してFファンドに売却した。その後、Fファンドとの関係が悪化 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日