分譲

その他

新日本建物、ADRで再建へ、ジャス上場は維持

 新日本建物は9月3日、法的手続きによらず中立的な第三者機関によって事業再建を図る事業再生ADR手続きを、ADR認定機関である事業再生実務家協会に申請し、即日受理されたと発表した。  対象は同社と同社子会社で戸建住宅販売の新日本アーバンマトリックス。同日付で取引金融機関すべてに借入金の返済一時凍結を通知した。今後、債務免除やつなぎ融資をはじめとする金融支援要請などを盛り込んだ事業再生計画を策定し、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日