その他

連載

先端を読む(163)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、住宅内部のぞけるモデルルーム、三井不動産レジ「パークシティ南千里丘」、断熱材や配管、設備も”裸”に

 大阪の大規模マンション「パークシティ南千里丘」(三井不動産レジデンシャル)は、新しい工夫をふんだんに盛り込んだ物件だ。  第一の特徴は阪急京都線に「摂津市駅」という新駅をつくり、その目の前徒歩1分に商業施設や公共施設との複合開発で誕生したこと。エリア内に保育園があるため、待機児童が多い大阪にあっては保育園に入れやすい特徴も備える物件になる計画だ。  販売センターも独自の工夫が多い。販売センターの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日