その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(810)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、ワンルームの取引が活発化、株低迷、円高で個人資金流入、底堅い個人の投資意欲

 株式市場の低迷や円高の状況において、個人の資産運用方法は大変難しい時期を迎えている。一方で老後の備えについても、年金制度が揺らいでいることもあって、不安を抱えている。  そんな中、このところ中古ワンルームの取引が活発化している。  8月24日開札では、この日の一番人気がワンルームマンションであった。その物件は千代田線「根津」駅徒歩6分に立地する専有面積約7坪の物件であった。  築26年と新しい物 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日