ハウス・住設

その他

木造集合市場に本格参入、NCN、SI工法で柔軟設計、大阪の登録施工店と資本提携、地主への有活提案積極化

 独自の金物を使った「SE構法」を、全国の登録施工店を通じて展開しているエヌ・シー・エヌ(=NCN、東京都港区、田鎖郁男社長)は、木造賃貸住宅事業に本格参入した。SE構法は戸建てでの採用がほとんどだったが、SE構法を使った集合住宅を手掛けていた大阪の登録施工店と資本提携し、全国の土地オーナーに向けて提案していく。  SE構法は、コンピューター制御による高精度プレカットでつくった集成材を軸組部分に採 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日