行政

その他

住み替え活性化で意見聴取、国交省、住生活基本計画見直し

 住生活基本法の見直し作業を進めている境資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長・越澤明北海道大学大学院教授)は8月30日、高齢者住宅施策、住み替え・リバースモーゲージをテーマに意見交換した。  参考人として出席した天本宏天翁会理事長は、自ら手がける訪問医療の経験から「医療や介護だけでは在宅で暮らし続けることはできない」と述べ、買い物や食事の準備など生活支援サービスと見守りの必要性を強調。「高齢者が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日