シルバー

その他

東急電鉄、沿線でシニア住宅本格参入、大岡山に初の老人ホーム、一般居室111戸、標準タイプ9000万円台

 東京急行電鉄が本格的にシニア住宅事業に参入する。東急沿線の高齢者が2035年ごろまで急増するとして開発を加速する。9月1日にはサービス付きシニア住宅「東急ウェリナ大岡山」がオープンした。同社の介護付有料老人ホーム開発は初めて。現在、「一般型特定施設入居者生活介護指定」を申請している。  全額出資の子会社、東急ウェルネスが事業主体となってプロジェクトを進め、東急病院の跡地9774平方メートルに開発 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日