開発

その他

都心商業地の店舗賃料(CBRE調査)、依然下落も需要に回復感、銀座、表参道は坪20万円維持、出店エリアは縮小傾向広がる

 シービー・リチャードエリス(CBRE)は、東京の高度商業地を対象にした店舗賃料相場をまとめた。金融危機後の消費不況を背景にした出店意欲の減退によって、各商業地とも賃料は依然弱含み。07年ごろまではテナントが殺到した銀座・中央通りや表参道でも空室が市場に出回るようになったほか、「テナントが出店を望むエリアが特定地域に集中するようになった結果、街そのものが縮小する傾向が続いている」(遠山芳博CBRE ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日