開発, 分譲

1面トップ

新線沿線の開発、局地的に回復の兆し、ミニバブルのつめ跡残る

 東京~茨城間を結ぶつくばエクスプレス(TX)開業から5年が経ち、東京都足立区を縦断する日暮里・舎人ライナーも来年で開業3年を迎える。開発余地の少ない首都圏における新線の誕生は多くの関心を集めたが、ともにミニバブルに翻弄された苦い経験を持つ。一方で最近は局地的に回復の兆しも出てきた。 ■TX、塩漬け地売却進まず  8月で開業5年を迎えたつくばエクスプレス。秋葉原駅(東京)からつくば駅(茨城県) ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年9月6日