その他

特集

空に伸びる都市、時代とともに進化する超高層ビル

 「週刊住宅」創刊から50年、日本の都市は大きな進化を遂げ、さらなる進化に向けて動いている。この50年における都市開発のキーワードをひとつ挙げるならば「高層化」だ。1961年に特定街区制度制定、63年の建築基準法改正による容積制度導入で、それまでの法律では限界だった高さ31メートルを超える高層ビルの建築が可能になった。  68年に東京・霞が関に日本初の超高層オフィスビル「霞が関ビルディング」がオー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年6月21日