分譲

1面トップ

マンション建て替え/用地仕入れ、業績補完に期待/希少立地求め、デベ積極化

 住宅・不動産業界は、新規供給戸数を競う時代から、質や資産価値の訴求へと従来の方向感を修正せざるを得ない時代に突入した。多くのマンションデベロッパーも「数を追う時代ではなくなった」と実感する。たとえマクロ経済が好転しても供給戸数が首都圏で8万戸台にまで回復するのは難しいとの見方が大勢を占める中、開発事業の軸足の一つとしてマンション建て替え事業に力を注ぐ会社も少なくない。希少性の高い立地に立つ既存マ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年2月1日