行政

その他

国土交通省/長期固定ローン見直しへ/住宅金融機構の組織改革も

 国土交通省は22日「長期固定ローンの供給支援体制のあり方に関する検討会」を立ち上げた。フラット35に代表される長期固定金利の住宅ローンの役割や国による支援の必要性、証券化を担う住宅金融支援機構の組織形態などを検討する。検討会は金融市場関係者を中心に構成。意見発表者の公募も行い、幅広く意見を聞く。今年6月にも方向性をまとめる考え。 ■6月にも方向性示す  住宅金融支援機構をめぐっては、07年1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2010年1月25日