団体

その他

証券化協会 岩沙理事長が定例会見/資産デフレに懸念示す

 不動産証券化協会の岩沙弘道理事長は24日の理事会後に定例会見し、不動産証券化にかかわらず政府税調でゼロ査定が相次いでいる住宅・土地関連税制にも触れ、「このまま多くの税制が期限切れを迎えると景気回復に水を差すどころか、資産デフレさえ引き起こしかねない」と危機感を示すとともに、「国民の持家志向に応えることが内需拡大を唱える新政権の政策にも最もかなうはず」と引き続き要望活動を展開していくと述べた。   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日