不動産証券化

その他

JLLが世界の企業を調査/テナント9割が「環境性能」考慮/上乗せ賃料肯定は4割に減少

 国際不動産サービスのジョーンズラングラサール(JLL)と、企業不動産(CRE)の国際組織コアネットグローバルが企業の不動産担当役員231人から今年9~10月に得たアンケート結果によると、オフィスを賃借する際には89%が地球温暖化や省エネといったサステナビリティを考慮すると答えた。  ただ、環境に配慮したオフィスのために10%未満なら上乗せ賃料を払ってもいいと考える企業は37%にとどまり、上乗せ賃 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日