ハウス・住設

その他

S×L/新築営業てこ入れ/増員、支店大型化など積極策

 エス・バイ・エルは新築住宅営業をてこ入れする。人員を現状の200人から500人体制まで増やし、5年後までに新設戸建住宅着工のシェア1%に当たる供給3000戸体制に引き上げる。  11月24日に東京都内で会見した荒川俊治次期社長(現執行役員副社長)は、「当社は管理、生産部門が強く、相対的に営業部門は弱い」として、顧客対応を考えた場合に営業の強化が必須だと説明した。増員分は大部分が新規採用による。管 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日