賃貸管理

その他

東京消防庁に聞く/火災報知器 早めの設置を

 消防法改正による全住宅への火災警報器設置義務期限が来年4月1日に迫っている。とくに課題となっているのが、認識不足で設置が遅れ気味の既存賃貸住宅への対応だ。東京消防庁に設置に関する基本的な条件・意味や効果などを聞いた。(長嶺義隆記者)  ―なぜ火災警報器の設置義務化となったのか 「火災による死者の8割は住宅から発生しており、住宅火災の約5割が発見の遅れが理由となっている」  「先行して設置を義務化 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日