賃貸管理

その他

レオパレス/障がい者雇用で厚労大臣認定

 レオパレス21の関連子会社で障がい者雇用の促進を目的とするレオパレス・スマイル(中野区)は16日、特例子会社として厚生労働大臣の認可を受けた。東京都内の特例認定としては150社目となる。  同社は今年8月に設立し、現在8人の正社員が、郵便物仕分け作業やシュレッダー作業などに従事している。  今後はさらに業務の幅を広げ、雇用を拡大する計画。レオパレス21の障がい者雇用率は1.82%(11月現在)。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日