その他

連載

ストック時代の住宅価格 ~適正価格に関する一考察~/不動産鑑定士 菊地浩史/(8)建物検査と評価/「精度」どこまで?

■建物調査とは  一般的に建物調査とは、建物の種類・構造・面積・間取り、増改築・付属建物の有無等について、間取り図、確認通知書、検査済証、登記事項証明書等と現況を照合して問題点を確認することである。違反建築物や既存不適格建築物でないかどうか、瑕疵(雨漏り、木部腐食、白蟻被害等)の有無、アスベスト使用の有無や耐震診断の記録調査は、特に重要な調査である。 ■インスペクションとその広まりの背景   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日