団体

その他

相模南協組など/初の家主向けセミナー

 相模南不動産事業協同組合と(社)神奈川県宅地建物取引業協会相模南支部(有山晴夫理事長・支部長)は21日、町田のラポール千寿閣で不動産オーナー向けのセミナーを開催した。県内ではシャッター通りや空家が増加傾向にあり、不動産業者としての立場から対策をアドバイスしようと初めて企画した。  有山理事長は出席者に対して、「資金に流動性を持たせ、こまめな修繕を心がけて欲しい」「アパートの家賃保証では、中途での ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日