行政

その他

国交省調べ/主要企業 土地取引動向/取得意欲減退続く

 国土交通省がまとめた半期ごとの土地取引動向調査(09年9月調査、主要企業対象、土地投資動向調査から名称変更)によると、現在の土地取引状況はすべての地域とも低調な推移が続いている。今後1年間の土地購入・売却意向は、半年前の前回調査よりもDI値(「購入」から「売却」を引いた値)はやや増加したものの、東京では減少、大阪では横ばいと厳しい状況が続いている。  現在の土地取引状況は「活発」が東京で0.8% ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日