その他

社説

【視点】事業仕分け/終了後の政策実行が課題

 政府の行政刷新会議は、来年度の予算概算要求の無駄を省く「事業仕分け」のワーキンググループによる作業を終えた。第1次WGでは、事業廃止や予算縮減などで削減するとした金額は約4000億円となったが、国が財源を拠出している独立行政法人や特別会計の積立金など、いわゆる「埋蔵金」のうち9000億円を国庫に返納要求しており、合わせると1兆3000億円になる。刷新会議では、WG報告を受け12月中旬にも結論を出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日