行政

その他

投資用不動産/国交省が来年度 価格との相関調査/環境価値の評価情報提供

 国土交通省の「環境価値を重視した不動産市場のあり方研究会」は26日に初会合を開いた。環境価値を重視したストック形成を図るため、不動産の環境価値の評価や分析、投資家に求められる情報整備手法を検討。環境不動産への投資を促し、CO2排出量の増加が続いている民生・家庭部門の環境対策を進めることが狙い。今年度は2つのワーキングを設け、環境価値の適切な評価と、投資家に分かりやすい情報の整備・提供を検討する。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月30日