不動産証券化

特集

【資産運用特集】座談会 CMBSと不動産市場の行方ほか

 停滞を続ける不動産投資市場は、国内プレイヤーを中心に回復を探る兆しが見えてきたが、いまだ機関投資家の動向は鈍い。海外投資家も、まだ価格目線が折り合わず取引は依然少ないと言われている。そうした中で市況回復に行方を占う上で注目を浴びているのがCMBS(商業用不動産担保ローン証券)だ。資産運用特集の8~9面では、CMBSに詳しい実務家や研究者に集まってもらい、現状認識と不動産マーケット回復の道筋などを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日