その他

連載

実録・民事再生物語 アレックスホテルの倒産(8)/芹澤 博/平城の回想(5)消え去った上場の夢

 T建設からの申入れは、ヒルズ前土地の売却に伴う税金の支払いを控え、できる限りキャッシュアウトを抑えたいアレックスグループにとって渡りに舟だった。平城は、茅場町の約100坪の土地をT建設に購入させ、自らの企画で50室、部屋単価1万円以上のアッパーミドルクラスのビジネスホテルを建設させた。  竣工後にT建設がこれを信託し、その受益権をアレックス・インベストメントが譲り受け、外資系のファンド会社Pマネ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日