不動産証券化

その他

不動産研究所調べ/投資家意欲が回復 6割が今後積極化

 (財)日本不動産研究所が10月に実施した不動産投資家調査によると、今後1年間に新規投資を積極的に行うとの回答割合が前回(4月)の45%から60%に増加する一方、当面は投資を控えるとの回答が50%から31%に減少した。07年10月をピークに前回まで低下を続けていた投資意欲にようやく歯止めがかかった。  東京・大手町のAクラスビルを想定した期待利回りは4.2%で前回と同じ。前回は3.8%から急上昇し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日